看護師求人の時代につれた変化

看護師求人に見る勤務時間の変化

看護師求人の数に比べて応募者が少ないという、需要過多の状況が続いています。そういった現状を打破すべく、さまざまなスタイルでの看護師求人が行われています。たとえば以前ですと、看護師は正社員としてフルタイムで働いていくものであるという認識もありました。それが現在ではほかの職種と同じように、アルバイトとして1日の勤務時間が短くて済むような看護師求人が多くなっています。また、病院に勤める看護師ではなく、団体のツアー旅行に数日間同行するツアーナースなどといった新しい勤務形態の看護師求人も、見られるようになってきています。
短時間の勤務は、看護師を辞めていて復職を考えるにあたり、いきなりフルタイムで働くことに自信がない人、子育てをしていてフルタイムで働く時間がない人にとって、都合の良いものです。また、正社員ですとサービス残業をするような場合もあり、月に何度かの夜勤を避けることも難しくなります。その点、アルバイトですと基本的に、自分で好きな時間に働くことができるということで、魅力になっています。
フルタイムで働く看護師の過酷な労働条件が緩和されない限りは、今後もこのような短時間の看護師求人に応募する人が増えていくと見られています。